勃起不全のメカニズムと治療薬の仕組み

「勃起不全のメカニズムと治療薬の仕組み」のイメージ画像

勃起不全は多くの男性を悩ませる悩みのひとつですが、どうして勃起しなくなってしまうのでしょうか?
人の体内には興奮することで増えるcGMPという物質を、cGMPを分解するPDE-5という酵素があります。
興奮してcGMPが増えると血管が広がり男性器への血流が増えて勃起します。
そのまま気持ちが落ち着いたり、射精をすることでPDE-5という酵素が増えてcGMPを分解して勃起していた男性器が元の状態へ戻ります。

勃起不全はストレスや病気などが原因となって、勃起をおさめるPDE-5が多くなった状態です。そのため、興奮してcGMPが増えてもPDE-5が分解してしまうため、うまく勃起できなくなってしまいます。
カマグラはそんなPDE-5の働きを邪魔して、PDE-5がcGMPを分解する作用を弱めます。
その結果、cGMP量が増えて正常な勃起が可能になります。

ただし、カマグラには勃起不全を改善する作用はありますが、勃起不全の状態になってしまっている原因(ストレスや病気など)を解消することはできません。
カマグラなどの勃起不全治療薬を用いた療法は根本治療ではなく、対象療法であるということを認識しておく必要があります。

そのため、勃起不全の原因を解消できない場合は、性交渉を行う度にカマグラを使用したりする必要があります。